何時でも何処でもDVDを鑑賞できる

iPadでDVDを視聴する方法

DVDがお手持ちにあればiPadで視聴できるように動画変換の知識があればいいでしょう。
まずは下準備。
DVDのアクセスコントロールを解除してください。
Windowsならば「DVDFab Passkey」を使います。
Macならば「VLC」を使います。
いずれもフリーソフトです。

次にiPadで再生できるように動画の変換作業をします。
フリーソフトの「HandBrake」を起動します。
Sourceの中からDVD名を選択します。
開いて読み込んだらPresets欄でiPadをクリック!
最適な動画変換設定が自動的にセットされます。

Video Filtersタブでノイズを綺麗にしてSubtitlesタブで日本語字幕を設定します。
保存先を指定してあげて変換を実行します。
その後、iTunesを媒介してパソコンからiPadへ転送すれば完成です。
映画はビデオアプリで視聴できます。

iPadで「ダウンロード」アプリを使う

このアプリで多くの動画投稿サイトのムービーがタップするだけでダウンロード可能です。
iPadで標準のもの以外でも「3GP」「AVI」「WMV」「FLV」など特殊な形式の動画も大丈夫です。
では使い方です。

ダウンロードアプリを起動。
動画投稿サイトにアクセス。
ダウンロードしたいムービーの再生画面の上か少し再生が始まった画面を長押しします。
するとポップアップ画面が表示されます。

「ダウンロード」または「このページの動画をダウンロード」を選択!
ファイル名をつけて保存すれば完成です。
ダウンロードしたムービーはiTunesで別アプリやパソコンに転送できます。

タダで聞ける音楽クラウド

iPadで利用して外出先で音楽を聞きたいことがあります。
音楽ファイルをストリーミングする必要がありますよね。
でも電源を常にオン状態にしなければなりませんからバッテリーの心配もあります。
その場合はGoogleプレイを音楽用クラウドとして使うアイデアがあります。

Chromeをまず起動しましょう。
「Stealthy」を検索して見つけ出して、Chromeに追加してください。
オプション画面で「アメリカから使用」を選ぶとGoogleプレイにアクセスができます。
そこでミュージックマネージャーを入手します。
iTunesを選べば希望の音楽を自動でアップロードしてくれます。
こういったことをしておけば、クライアントのアプリ「gMusic」を立ち上げてiPadで音楽を聞くことができます。
Wi-Fiのみならず3Gでも使えますからクラウドは便利ですね。