定番のEvernoteとDropboxについて

Evernoteは「画像」「Webサイトのブックマーク」「ちょっとしたメモ」の保存ができます。
Dropboxの一番の特徴点は、パソコンやiPhoneにではなくて、インターネット上に存在しているサーバーにファイルを保存できることにあるでしょう。
こうしておけばもしもパソコンがクラッシュしたりiPhoneが故障したり紛失しても大丈夫です。

パスワードとIDだけでDropboxのデータにアクセス可能です。
こうなると常にブラウザが必要でもなくなってきます。
クラウドアプリの定番Dropboxを利用して他の端末とデータを共有してみよう!
iPadの使い勝手を良くしたいならばクラウドアプリを上手に使えなければなりません。
定番は「Dropbox」です。
無料で利用できるアプリでiPhoneと両方で使えます。

無料で利用できるサイズは2GBまでのオンラインストレージ。
Microsoft社のOffice文書やiWorkのデータは当然です。
これ以外にも「動画」「写真」「音楽」ないろいろなデータをオンラインで保存できます。
他のパソコンやiPhoneでもログインすればOK!
いつでもどこでもデータ閲覧やダウンロードができるすぐれものです。

「Dropbox」の使い方はとても簡単ですから迷うこともありません。
アカウントを作成したらiPadに保存しているファイルをDropboxのフォルダに移動させるだけです。
Dropboxの便利な使い方を覚えておこう!
Dropboxに保存したファイルは開いた状態で右上の矢印をタップしてください。
すると「次の方法で開く」と別ウインドウが表示されます。
そして選択したアプリケーションで開きます。
メールに添付されたファイルを長押しして「次の方法で開く」でDropboxを選びましょう。
ワンタッチでファイルをアップロードできちゃいます。